超初心者のための映画制作講座 > 映画の企画と準備 > 絵コンテの描き方

Lesson6:「動き」の描き方
今回は、動きのある絵について説明します。

記号を決めましょう

必要なのは、
・ 人の動き
・ カメラの動き
・ 絵コンテのコマの関係
の、3つです。

人の動き
 私はこのような記号を決め、常に用いています。(左図)
もしこの書き方が難しければ、簡略化してこれでもいいですよね。(右図)


カメラの動き
 私はこのような記号を決め、常に用いています。(図3)


絵コンテのコマの関係
 この言い方は少し分かりづらいかもしれませんね。具体的な例を挙げていきましょう。
動きのあるカットは、いくつかの描き方があります。例えば…

○男が街の中を走ってきて、角を曲がり、そこに置いてあった車に乗り込む、というカット

描き方1:
 これは、1カットの絵で示す方法です。

描き方2:
 これは、コマをわけて描く方法です。通常、絵コンテのひとコマがワンカットですが、この場合、上のコマと下のコマは続けてワンカットです。こういった時に、カメラマンや役者が分かるようにしておかないといけないんです。
私は、コマとコマの間に上の絵のような記号をつけます。
絵コンテサンプル集 見て描ける!すぐ使える!
  絵が苦手な人のための絵コンテサンプル集

2日間映画制作体験ワークショップ

東京開催(毎年3月/9月頃) 大阪開催(毎年5月/11月頃)


【出張講座】はじめての映画制作セミナー(不定期開催)






© 映画工房カルフのように All rights reserved Since 2001